2021年2月26日金曜日

寝返り

 また少し、間が空いてしまった。

くそぅくそぅくそぅ

毎日一つと意気込んだものの、3月からまた頑張るとして、でも更新できないのは1日を本当に使いきったという日でもある。

だからこの数日間は身も心も充実していたのだ。

娘っちは夜中に二、三回目を覚ますのだが、その度に目を擦ったり頭をシャカシャカ掻いたり全身で暴れるのだが、

昨日、暴れついでに寝返った。

夜中じゃなければ大拍手喝采のはずなんだけど夜中過ぎて、寝返った我が子が一生懸命顔をあげる姿に、私も娘も起きてるのか寝てるのかわからない状態で、冷静に元に戻しちゃったよ。

私しか目撃していない祝寝返り

2021年2月21日日曜日

ポコタ

 

お祝いに頂いたぬいぐるみ達に、娘は何て名前をつけるだろう。

私にもかつてお気に入りのぬいぐるみが一体

彼の名はあらいぐまの「ポコタ」

当時、姫ちゃんのリボンという漫画があって、漫画に出てくる喋るライオンのぬいぐるみと同名である。あらいぐまのポコタもいつか喋るんじゃないかという願いを込めて。

喋らないポコタを見かねた母が、ポコタを操ってジャイケンをしてくれたりしたのだが、ポコタはどうやらグーしか出せず、負けバージョン、勝ちバージョン、あいこバージョン全てのパターンを見せてくれた。


お気に入りすぎて、あらいぐまなのによく洗われて最終的に全身パンチパーマのようになったポコタ。

いつしか遊ばなくなってしまって、ずっと飾っていたのだが、定期的にやってくる家の断捨離によって、パンチパーマのポコタは旅立って行ってしまった。

それでも自分が大事にしていたという記憶はいまでも残ってる。


2021年2月20日土曜日

一本

 暗闇で寝かしつけをして、さぁ寝ようという時に何か目に入っているような痛いような、気のせいと思い込ませてもやはり痛い。

携帯の照明を照らし鏡に映してみると、一本の逆睫毛

あぁそう言えば昔から一本生えるか生えないか、あったなと思いだし、私には不定期に生える一本が体のいくつかにある。

所謂福毛というものだ


額のど真ん中に白いフワフワした毛

大仏様の白毫みたいなものだと勝手にグッドな解釈をして、ある日メイクさんがコットンの埃が額に着いているのだと思い、手で払った。

ブチ

しばらくアシスタントさんとメイクさんは目を丸くして止まり

「あ、大丈夫ですたまに生えるやつなんで」と湿地のキノコみたいに答えてみる。

もう一本はハンコ注射を打つあたりに生える。

こいつは夏場風にフヨフヨ靡くのでまぁまぁ可愛いです。

2021年2月19日金曜日

JUN MIKAMI 2021AW


純さんの素敵なところは人柄もコレクションも潔いところ

2021年2月17日水曜日

弱小の勇者

 出掛けたときに、慌てて出たわけではないのに気付いたらプラスチックの白い靴べらを持っていて

弱小の勇者みたいになっていた。

これきっとドラクエの道具屋で売っても10Gとかそんなレベル。

2021年2月16日火曜日

肌の記憶

 casucaというヘアバンドを長年使っている。

同じものをずっと使っているがためにもう端も切れてしまって、ゆるゆるにもなってしまったのだが、それでもこの着け心地が気に入って、他のどんなヘアバンドもしっくりこない。

インナーウエアのブランドだからなのか締め付けや心地にとても気を使っていらっしゃるんだと思う。

お洋服って仕事で色々着るんだけど、撮影で着ただけじゃ分からない日常の擦りきれるまで使って漸く分かること。心地と自分と同化するものたち。頑張らなくていいもの。擦りきれても使っていたいもの。擦りきれるまで使えばもう自分のものになっているし、それがスタイル。

2021年2月15日月曜日

予防接種

 一昨日予防接種に行った。

もう産まれて3回目なのでどことなく私も慣れてきたけれど、抱っこして、はい出掛けますよとニコニコバタバタ。

(あぁ娘よスマン、これから予防接種に行くのだ) 

このあと恐怖の注射何連発かやってくることになるのだが、4ヶ月になった娘は病院のベッドに横になっている時は普段と変わらぬご様子。白衣の天使がやって来た途端

(この光景、、見覚えが。。)

という表情をして、いざ先生を目の前に

(やっぱりやんかーーー!)

という確信に変わった顔をした。

小児科の先生も

「おー、もうだいぶ分かってるねぇ」

私もそのように思いま ブスー!

「ワーーーー、ギャーーーー!」

本当いつも病院中に響き渡る泣き声に母は少し笑ってしまってごめんよう。

行く前のあなたの笑顔が私には辛いよ。